ビームニュース

報道関係各位

2015年11月27日
株式会社ビーム

各携帯キャリアに適した配信を行うための機能を実装
「BEAM(ビーム)Ver.6」発売

 メール配信システムの開発・販売を行う株式会社ビーム(本社:東京都渋谷区渋谷3-17-2 KIYOSAWA BLD. 3F、代表取締役社長:隅川雅樹)は、リレーメールサーバー 「BEAM Ver.6」をリリースいたしました。
 仮想技術を用いたリレーメールサーバー「BEAM」は販売を開始した2003年より約12年の運営実績があり、現在200社以上の企業様へご提供中となります。
 この度のバージョンアップでは新しい技術を取り入れつつ管理画面デザインも一新し、携帯キャリア別に柔軟な設定・配信を行うための機能を実装しました。

サービス概要

 リレーメールサーバーとは、仮想IPの技術を用い1台のサーバーが複数のIPアドレスを保有したメールサーバーのことです。
 メール送信時に複数のIPを自動的に切り替えながら送信を行うため、ひとつのIPから続けてメールを送る場合に比べて帯域制限を受けにくいなどの利点があります。
 IPアドレスの取得やデータセンターの契約は当社が行いますので、ご契約後は使用されているメール配信システムのメールサーバーに「BEAM」のIPを設定いただくだけで、すぐにご利用いただけます。

BEAM Ver.6の特徴

キャリア別設定機能

 BEAM Ver.6では新たに「キャリア別送信数設定」「キャリア別送信IP設定」「IP生存確認機能」を搭載いたしました。
1分間当たりの送信数と送信IPを設定することで、キャリア側のブロック・規制を回避し、 より効率の良いメール配信を可能にします。
送信IPが規制を受けているか確認できるため、規制を受けている場合でも送信IP設定を変更することで対応可能です。

自動エラー処理機能

 会員向けメール配信サービスを運営していると、退会などの処理が正しく行われないまま送信対象アドレスが不良となる場合があります。
BEAM Ver.6では送信エラーとなったアドレスをデータベースに一定期間保持し、複数回エラーとなったアドレスについてはメールを送信しない仕組みを搭載し、
インターネット回線への負荷を軽減いたしました。

■「BEAM Ver.6」製品案内ページ
http://www.b-e-a-m.jp/product/beam6/

■製品に関するお問合せ先
sales@b-e-a-m.jp

会社概要

会社名
:  株式会社ビーム
代表者
:  代表取締役社長 隅川 雅樹
所在地
:  〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-17-2 KIYOSAWA BLD. 3F
URL
:  http://www.b-e-a-m.jp/
設 立
:  1996年7月1日
資本金
:  5,500万円
このプレスリリースに関するお問い合わせ先 株式会社ビーム
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3-17-2 KIYOSAWA BLD.3F
広報担当:芝吹(しばぶき)

TEL:03-3400-0433
問い合わせフォームはこちら

←BACK

ニュース