ビーム製品情報

「BEAM Admin」機能一覧

機能1 状況確認(全て・エラー)
通常の監視画面です。左側がメイン画面右側が詳細画面となっており、自動更新されます。
更新間隔はシステム設定で設定可能です。メイン画面では「BEAM」個別の配信状態や送信待ちとなっているメール件数(キュー数)が一目でわかります。 「BEAM」に異常があった場合は色と音で知らせます。
状況確認(エラー)画面では異常状態の「BEAM」のみ表示されます。 状況確認1 状況確認2

機能2 Dailyトラフィック・Weeklyトラフィック
「Dailyトラフィック」では本日のトラフィックグラフ一覧を、「Weeklyトラフィック」では週間のトラフィックグラフ一覧を確認できます。グラフをクリックすると拡大表示されます。 Dailyトラフィック

機能3 ログ表示
「BEAM Admin」が各「BEAM」にアクセスした際のログを表示できます。
アイコンにある条件選択で情報の絞り込みが可能です。 ログ表示

検索条件入力
■01 サーバー
サーバーごとにログの検出を行うことができます。複数選択も可能です。
■02 日付
日付と時間を入力し、特定の期間内のログを抽出可能です。
■03 区分
「サーバーダウン」「SMTPダウン」「ハイパーモード」「正常ログ」から条件を選べます。

機能4 設定
画面の更新時間、管理画面のID・パスワード設定、お知らせメールなどの設定を変更できます。 設定

設定項目
□01 サーバー
サーバーの表示名、ドメイン、パスワード、表示順、表示/非表示を設定できます。
□02 時間
「メイン画面」「詳細情報画面」などのウィンドウ表示情報の更新時間を設定できます。
□03 ログイン
本管理画面にアクセスする際のID・パスワードを設定します。
制限付きで発行したIDでアクセスすると、設定タブのウィンドウは表示されません。
□04 メール通知
システムダウン時や連続してハイパーモードが発生した際に、指定のアドレスへ通知メールを送ります。
□05 音設定
システムダウン発生時やハイパーモード突入時に音楽を鳴らします。
(wavファイルを効果音として設定可能です)

「BEAM Admin」